読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピケティ入門

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピケティ入門 [ 竹信三恵子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)


 

 

解説書バンザイ

 

目的

ピケティが話題になった当時、あの厚さに圧倒されたのかあまり視界にいれないようにしていた。
解説本も沢山出ていたが、妙にツッパって手を出さなかった。ベストアルバムなんかは嫌いなタチである。

で、年明け早々に古本屋で本書を発見。パラパラとめくっていたら「累進課税」の文字が。一気に興味がわいて購入に至る。


感想

経済格差は拡大する

クズネッツ曲線なるものがあるらしい。これは経済成長によって中間層が増加し、次第に格差が縮小するという考えのものだ。
しかしこれは机上の空論であり、普通は経済成長と共に格差は拡大するものである。今現在、なぜ格差が抑制されているかというと戦争などの特需による外的要因があったからである、というのがピケティの論。

 

高所得者への累進税率強化

大きくなった格差は、どのようにすれば良いか。租税の目的である①所得の再配分②資源の適正配分③景気の調整、これに従ってシンプルに累進課税を強化すれば良いのである。

どのように強化するか。「世界的資本税」という単語が出てくる。
これは「収入」ではなく、「資産」に課税しようというもの。まさに金持ちに対する税だ。
しかもタックスヘイブンで外国に逃げられないよう、世界的に課税しようというもの。

 

日本の労働市場

本書を読み終えて、悲しくなった。
日本の労働市場は劣悪になる一方。働けど働けど楽にならないワーキングプアの存在。
私も年収280万円程で搾取されている身分である。努力するべき時に努力しなかった自分が悪いのだが。

格差をなくするには、やはり低層労働者の引き上げが必要だ。
ベーシックインカムも良いが、誰でも使えてしまったらあまり意味がない。怠け者だけが生まれてしまう。
だが、それに代わる制度が必要だ。しっかり休養し、勉学に励む。資格を取得する。スキルがあれば搾取されることなんてない。

現状では、失業保険や傷病手当金なんかは使いやすいと思う。最大で1年半、給付金が出る。
だが、うつ病の診断書を取得し会社に申請する。なかなかの心臓が必要だ。
でもそうこう言ってられないのが、日本の労働市場なのかもしれない。あと自分の願望。

ベーシックインカム、プリーズ!